1. >
  2. 皮膚科の先生直伝のニキビ対策

皮膚科の先生直伝のニキビ対策

以前ニキビに悩んでいて、皮膚科を受診した時に原因が荒いすぎだということを知りました。ニキビを頑張って治そうと洗顔をしすぎると逆にニキビぐできやすくなってしまうそうです。先生から朝の洗顔はお湯のみで、夜の洗顔は牛乳石鹸で顔を洗ってからニキビ対策の化粧水や乳液で保湿をするようにとのアドバイスをいただいたのでその通りにしてからすぐにひどいニキビが治りました。意外にも牛乳石鹸がよかったようで、体ではなく顔に使うことに初めは抵抗がありましたが、さっぱりして気持ちがいいです。このニキビ対策はオススメです。

乾燥、ビタミン、ストレスのトリプル対策!

私のニキビは年齢的に、いわゆる「大人ニキビ」タイプです。

青春時代にできるタイプのニキビとは対処法が違うと思いますのであらかじめ…。

大人ニキビがひどくて、皮膚科に行ったこともあります。

医者からは乾燥対策、ビタミンの補給、ストレス(免疫力の低下)対策などを指導されました。

乾燥対策としては、水分と共に油分もしっかり与えることを心がけています。

また、ニキビに有効な成分として「ハトムギ」の入った化粧水を使っています。

私はこれで、すごく良くなりました!

いろいろなものを試した中で、ダントツでした。

その後もずっと使っていまして、今はほとんど大人ニキビはありません。

それと、乳液よりオイルを使うようにしました。

私にはこれも効果があったように思います。

ビタミンは、本当は食品からとるのがいいと思いますが、サポートとしてサプリも飲みました。

あとストレスですが、これは意外と肌に大きな影響をあたえるそうです。(医者いわく)

肌だけでなく健康にも影響を与えますので、出来る限りストレスを散らしていけるように考えています。

私とニキビの付き合い方、大人ニキビの場合。

ニキビはとてもやっかいで、駄目だと分かっていても見つけるとついつい爪で潰してしまいます。

潰れて治るものもありますが、困るのは潰れもしないし、ズキズキと痛みがあるものです。

それが出来ると私がする事は、髪の毛が顔に当たらないようにまとめる事。

そして洗顔と保湿くらいです。

学生時代は色々と薬を試したりしましたが、私にニキビが出来る原因が乾燥が多いと気づいてから、薬の類はやめました。

それでも治りが悪い場合は、お菓子など油分と糖分が多い食べ物を控えます。

それもほとんど気休めに近いですが、何もしないよりは良いと思っています。

後は夜更しを控えて、ひたすらニキビが引っ込むのを待つだけです。